東京都千代田区|グリーンデンタルクリニック(グリデン)
ブログ
  • HOME »
  • 歯科衛生士について

歯科衛生士について

歯科衛生士からのお知らせ

お口の中の衛生管理については、是非私たちにお任せください。

ここでは、ホームケアでの注意、ブラッシング法などについてのお知らせをさせていただきたいと思います。

グリデン衛生士アンの「お口さわやか!」も是非ご覧ください。

歯科衛生士とは?

歯について知ろう!

ブラッシング方法について

ホームケアとメインテナンス

歯科衛生士とは?

歯科衛生士は、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的として、国家試験により厚生労働大臣から免許を取得した専門職です!

歯科衛生士

当院の衛生士は、ルーペを使用 し、診療のすべてを精密に高いクオリティで治療をっています!

仕事の内容は、次の三つの業務が法律に定められており、それぞれに専門性の高い知識・技術が必要とされており、歯科医師と連携を取り高度なチーム医療を提供すると言う面からも歯科医療を行う上で欠かせない存在です。

1. 歯科予防処置

人が歯を失う原因の90%が「むし歯」と「歯周病」であり、原因は、細菌による感染です。

むし歯と歯周病を予防することができれば、自分の歯を一生保つことができるのです。

歯・口腔の疾患を予防する処置として、歯垢(プラーク)や歯石 など、口腔内の汚れを専門的に除去する「機械的歯面清掃」や「フッ化物塗布」等の薬物塗布など、予防的な医療技術があります。

歯科衛生士は、このような歯科予防処置の専門家です!

2.歯科診療の補助

歯科診療は、歯科医師を中心とした「チーム医療」です。

その中で、歯科衛生士は歯科医師の診療を補助するとともに、歯科医師の指示を受けて歯科治療の一部を担当するなど、歯科医師とチームで患者さんの診療にあたります。

また、歯科医師と患者さんとのコミュニケ-ションに配慮し、信頼関係に基づく役割もあります。

歯科医師に話しづらいこともなんでもご相談ください!

3.歯科保健指導

むし歯や歯周病は生活習慣病です。そのため、治療よりも予防、さらに、本人自らが生活習慣を改善することが大切であり、正しい生活習慣やセルフケアを実行 するための専門的な支援(指導)が不可欠です。

歯磨き指導を中心とした歯口清掃法の指導は、セルフケアのスキルアップを専門的に支援する衛生士の大切な仕事です!

当クリニックの衛生士は、歯科医師とともに、患者さんが歯で悩まない快適な人生を送って いただくことを目標に、日々努力しています。

是非、私たちに安心してお任せください!

当院の衛生士が参加したセミナーです!

常に最良の治療を行うため、日々勉強しています!

・練りを極めよう( GC )
・もう一度見直そうPMTC( ウェルテック社)
・シンプルシャープニング (講師:福田知恵子先生)
・結果をだすインスツルメンテーション (講師: 金子菜美江先生)
・臨床歯周病学会:天然歯を守るためのDHの役割 (講師:大住祐子先生 松本絹子先生 品田和美先生)
・プロフェッショナルクリーニングセミナー(講師:安生朝子先生)
・消毒滅菌マニュアル
・GC友の会 東京講演会 (講師:谷口威夫先生  牧野明先生  山岸貴美恵先生)
・日本医療機器学会  感染防止対策を考える
・日本審美学会セミナー
・ 歯科治療における長期的なメインテナンスの重要性 (講師:安生朝子先生 山崎長郎先生)
・中沢歯科症例検討会
その他多数

歯科衛生士からのお知らせのTOPへ

歯について知ろう!

 ~歯と歯肉について知ろう!~

歯を大切に感じるために、是非、歯と歯肉の事を知ってほしいと思います。

*歯の役割*

歯は私たちの健康と深くかかわっています。”食べる”こと意外にも大切な役割を持っています。

会話がスムーズにできるよう発音を助けたり、歯触りや歯ごたえを感じて噛むことで脳に刺激を与え、美しい表情をつくり、身体の姿勢のバランスを保つなど、様々なところに歯の働きが関係していて、健康な生活をする上で欠かす事が出来ません。

*奥歯は大事*

歯は大切にケアすることで一生使い続けることができますが、一般的には人間の寿命よりも早く抜けてしまう場合が多いです。

奥歯は大切な役割があるのにも関わらず、その寿命が最も短い歯と言われています。奥歯は歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯周病になりやすいため、どうしても寿命が短くなってしまうのです。

厚生労働省の調査によると、歯の平均寿命は約50年から65年です。中でも奥歯は最も短く、前歯よりも10年以上も早いと言われています。

*奥歯の役割*

奥歯の役割を考えてみましょう。

1.ものを噛む

奥歯はものを噛むのに重要な歯です。奥歯を1本失うと、ものを噛む力は30~40%低下してしまい、そのままでは、消化・吸収も悪くなってしまいます。

2.発音

歯を失うと、そこから息が漏れてしまうので、発音が不明瞭になります。奥歯をうしなうと「う行」の発音が悪くなると言われています。

3.瞬発力

重たい物を持つ時や、スポーツをする時に、奥歯でしっかりと”くいしばる”ことで瞬発力が生まれます。しかし、奥歯がしっかりしていないと、くいしばれないで十分な力が発揮できないと言われています。

4.歯並びや顔の輪郭形成

失った奥歯をそのままにしておくと、咬み合わせが変わり、やがて歯並びや顔の輪郭にまで影響が出てきます。

5.記憶力

奥歯がないままにしておくと記憶力に影響が出る可能性があり、認知症になりやすいとの研究があります。

寿命がもっとも短いと言われている奥歯を正しい磨き方を身につけしっかりケアしましょう!

*プラークの付きやすい所・残りやすい所*

プラークが残りやすい所、つきやすい所をチェックしブラッシングの際に意識して磨きましょう!

1.歯と歯の間

2.歯と歯茎の境目

3.奥歯のかみ合わせる部分

4.歯並びがデコボコしているところ

5.生えている途中の歯

特に1,2,3は汚れも溜まりやすく、ブラシも届きずらいので”3大不潔域”と呼ばれています。

*虫歯ってどんな病気?*

お口の中には様々な細菌が住んでいます。たくさんいる細菌の中でも、虫歯の原因菌と言われているのが”ミュータンス菌”です。このミュータンス菌によって歯が溶かされていく病気が虫歯です。

食べ物に含まれている糖分によってミュータンス菌は活発に働き、プラーク(歯垢)というネバネバした自分達の棲みかを形成します。このプラークには数え切れないほどの細菌が棲みついています。食後の歯ミガキをしなかったり、磨き残しがあったり、何らかの理由でプラークがそのまま放置されていると、ますます増殖し歯を溶かす原因となる”酸”を発生します。歯はこの”酸”がとっても苦手です。この酸によって歯の表面にあるエナメル質の内部から、歯の成分であるカルシウムやリンが溶け出します。これが虫歯の原因です!

食べ物に含まれている糖質は、ミュートンス菌が酸をつくる材料に使われます。間食の多い人や甘い物をよく食べる習慣のある人は、歯の表面が酸にさらされる時間が長いため虫歯になりやすくなります。また、歯が作られる時に環境に個人差はありますが、もともとの歯の質によって虫歯になりやすい人もいます。

これら「細菌」「糖質」「歯の質」の3つの要素と時間の経過が加わることによって虫歯が発生します。

*歯周病の特徴は?*

プラークは虫歯だけでなく歯周病の原因にもなっています。

現在のお口の状況についてお聞きします。

1.朝起きたとき、口の中がネバネバする。

2.ブラッシング時に出血する。

3.口臭が気になる。

4.歯肉がむずがゆい、痛い。

5.歯肉が赤く腫れている。(健康な歯肉はピンク色)

6.固い物が噛みにくい。

7.歯が長くなった気がする。

8.前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間ができてきた。

どうでしょう?

このような症状が一つでもある人は歯周病かもしれません。

すぐに歯科医院で検査を受けたほうがいいと思います!

歯科衛生士からのお知らせのTOPへ

ブラッシング方法について

ブラッシング方法

*ブラッシングがもたらす効果*

1.歯周炎を直すことができる!

歯周炎とは、歯と歯肉の境目についたプラークが原因で歯肉が赤く腫れ、出血症状を伴います。放置しておけば歯肉だけの炎症にとどまらず、歯周病へと移行します。

2.初期の虫歯の進行を抑制できる!

ごく初期の虫歯の状態で、歯の表面のエナメル質が溶け始めて白く濁っている状態であれば、ブラッシングを正しく行う事で、自分自身で治す、あるいは進行を抑制することができます。すなわち、プラークのない清潔な状態を保ち、唾液やフッ素による再石灰化を促すことで元の健康な状態に戻すことができます。

3.口臭を防ぐ!

口臭の原となるような物質は、ほとんど細菌が作り出しています。ただし、細菌が自分で口臭を起こす物質を作るのではなくて、私達の身体にある「アミノ酸」といわれるたんぱく質を口臭の原因物質に変化させるのです。細菌がアミノ酸を材料として、硫化水素やメチルカプタンなどのVSCというガスを作り出し、これが口臭となります。

歯周病が進行すると、病原菌から身を守ろうと歯肉の中にはたくさんのタンパク質や白血球が増え、そして口臭が強くなります。したがって丁寧なブラッシングにより清潔な状態が保てれば口臭を防ぐことができます。

また、臭いが発生する場所の多くが、舌背という舌の後方部にあることが分かっていますので、舌を磨くことも大切です。

*自分に合った歯ブラシを選ぶ*

適切な歯ブラシは、お口の中の状態により異なります。

一般的にはコンパクトで、普通の硬さ、柄はまっすぐでシンプル・・・などとなります。

しかし、お口の中の状態によっては、軟らかめで、ヘッドの大きいタイプ、音波ブラシ等を選択します。

歯科衛生士と相談し、自分の1本を見つけましょう!

~磨き方~

プラークが残りやすい場所は、歯と歯の間、奥歯の噛む面、歯と歯肉の境目、歯並びがデコボコしている所などです。

その残りやすい場所をいかに捉え、歯ブラシを当てていくかがポイントです。

ここでは、効果良く確実にプラークを落とせる磨き方をご紹介します!

*毛先みがきのコツ*

Point 1 : 歯の面に対して、歯ブラシの毛先を直角に立てる。

Point 2 : 適度な力で歯ブラシを歯面に当てる。

Point 3 : 毛先を適度なストロークで小刻みに動かす(歯の丸みに合わせる)

1.歯面に直角に毛先を当ててこすった時に最も早く確実にプラークを落とすことができます。

2.歯面は曲面の立体であるため、毛先の向きを変えながら歯面に直角に当て続けて磨 くことが大切です。

3.歯の大きさ、歯の並びは人それぞれなので、自分に合った磨き方でブラシの毛先を当てて磨く必要があります。毛先が当たらなければプラークは決して落ちません!

4.磨く部分によって毛先を使い分ける。

ブラシのツマ先やかかと、脇を使うなど、磨く所に応じて当たる毛先を使い分けることがポイントです。

5.順番を決める。

何となく無意識に磨いていると気づいたら同じところばかり磨いていたり、どこを磨いたかわからなくなってしまうことがありませんか?

そうなるとブラッシングにムラがでます。

磨く順番を決め、何度も行ったり来たりせずに、一度でその場所を落とすような気持ちでブラッシングしましょう!

*補助的清掃用具を併用する*

デンタルフロス、歯間ブラシ、タフトブラシ等を併用することにより、歯ブラシだけでは落とすことができない部分をケアすることができます。

1.デンタルフロス(糸巻きタイプ)

1)1回分の長さ、約40cmに切る(指先からひじまでの長さが約40cmです)

2)切ったデンタルフロスを片方の中指に2~3回巻きつけます。巻きつけた後、もう片方の中指に残りの部分を外れないように巻きつけます。その時、両手の間隔が10~15cmぐらいになるようにします。

3)両手の親指、人差し指で糸をつまんで操作していきます。

デンタルフロスを、歯の側面をこするようにして前後上下に動かし、歯の側面を清掃します。同じことを、その隣の歯の側面でも行ってください。

4)デンタルフロスの抜き方は、入れた時の逆になるようにゆっくりと抜いて下さい。もし上手く抜けない場合は、力任せに外そうとせずに片方の指からフロスをはずして、ゆっくりと前から引き抜いて下さい。

5)1ヶ所の歯と歯の間の清掃を終え、次の歯の清掃を行う時には、使用した部分をズラして、新しい部分で同じ操作を繰り返しましょう!

2.歯間ブラシ

1)サイズを決める(サイズは一般的に5種類あります)

人によって合うサイズが異なりますので、歯科衛生士にご相談ください。

2)歯と歯の隙間に挿入する。

ゆっくりと挿入し、隙間が狭くて通りにくい所は無理に通さなくても大丈夫です。

3)挿入したら前後に数回動かします。

4)その後、歯の側面に沿わせながら前後に動かします。

5)もう片方の側面に沿わせるようにして前後に動かします。

3.タフトブラシ

タフトブラシとは、毛先が小さくカットされており、円錐の形をしているのが特徴です。

歯と歯の間や、段違いの歯の間、ブリッジの下、奥歯の裏側、乳歯など狭くて入りにくい部分の清掃に有効です。

通常の歯ブラシでは届きにくい所も毛先が届き、矯正治療中やインプラント治療中の方にもお勧めです!

1)持ち方は歯ブラシと同じペングリップで持つと操作がし易いです!

2)歯と歯の間を磨くときは凸部を間に当てて動かします。

3)歯と歯肉の境目を磨くときは毛先を境目に当てて、なぞるように動かします。

*交換時期*

毛先が広がってしまった歯ブラシは、ブラシを当ててもプラークが捉えきれず、プラークを確実に落とすことはできません。

毛先が1mm広がることで20%プラークの除去率が下がります。

衛生面でも長期使用はあまりお勧めできません。

1ヵ月に1本の交換をお勧めします!

*まとめ*

毎日する歯みがきだからこそ、しっかりと技術を習得し確実なブラッシングを行う事で虫歯、歯肉炎、歯周病を予防していきましょう!

日々のブラッシングこそが、お口の健康維持につながります!

歯科衛生士からのお知らせのTOPへ

ホームケアとメインテナンス

~ホームケアの3ステップ~

歯や歯肉は、歯科医院で治療して終わりではありません。歯や歯肉を守るにはご自身でのホームケアが重要になってきます。当院では「磨く」「取り込む」「守る」の3ステップ法をお勧めしています。

ホームケアの3ステップ

・様々な清掃用具を用い、お口の中のプラークを取り除き、清潔な状態のところにフッ素にてコーティングしましょう!

・合わせて歯周病菌を抑制してくれる洗口剤などで歯を守って行きましょう!

自分に適した歯ブラシ、歯磨剤については、歯科衛生士に是非、ご相談ください!

ここでご紹介した各種清掃用具、歯磨剤について

詳しくは「おすすめの歯科用品」をご覧ください!

こちらをクリックしてください ⇒ 「おすすめの歯科用品

~メインテナンス~

メインテナンスとは歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。

治療が終了した後は、個人差はありますが基本的には3か月ごとの定期検診をお勧めします!

・歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。

したがって、この細菌を生涯除去し続けることが歯周病をい予防し、お口の健康を維持するために必要となります。

・細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングで除去できません。これらは歯科衛生士による専門的なクリーニングで除去させてください。

・歯周病は再発の多い病気と言われています。治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。治ったといっても溶けてしまっている骨が元通りに戻っているわけではなく、ほとんどが歯と歯肉の弱い結合で治っているに過ぎないのです。

ブラッシングが不十分であったり、メインテナンスを怠ると細菌が活動をしはじめ歯周ポケットが深くなり容易に再発をおこします。

・また、残念ながら治療の限界のため、部分的に治りきらないところが残ってしまうこともあります。そのような部分でもメインテナンスを継続することにより歯周ポケットがさらに深くならないように進行を食い止めることができるのです。

・欧米では歯周病を「静かなる疾患」と呼びます。これは患者さん自身が再発や進行を自覚することは困難であるということです。したがって歯を失わないためにもトラブルを感じなくても定期的に歯科医院でのメンテナンスを受けることが必要なのです。

歯科衛生士からのお知らせのTOPへ

PAGETOP
Copyright © グリーンデンタルクリニック All Rights Reserved.
Powered by ブログdeデンタルBiZ