東京都千代田区|グリーンデンタルクリニック(グリデン)
ブログ
  • HOME »
  • 治療項目

治療項目

歯周治療

静かに進行する歯周病

歯周病の進行

1)歯周病とは

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、 かつては歯槽膿漏と言われていました。 歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。 しかし、痛みは全くありません。

さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。 歯周病の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状ありません。 これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。

さらに、日本人には歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、また歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら 非常に少ないことなどが考えられます。

一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切なのです。

2)歯周病の原因

お口の中には数百種類の細菌が住んでいます。これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、 砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これを歯垢(プラーク)と言います。

歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。

また歯垢は粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。この歯垢の中の細菌が歯肉に炎症をひき起こしやがては歯を支えている骨を溶かすのです。さらに、歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。

その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けるのです。 これはもはやブラッシングなどでは取り除くことはできません。 次のことも歯周病を進行させる因子となります。

1.  食習慣

2.  不適合な冠や義歯

3.  歯ぎしり

4.  喫煙

5.  ストレス

6.  全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)

3)歯周病は治るか?

現在では歯周病は、予防でき治療も可能です。大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。 この十数年の間に、歯周治療は急速な進歩を遂げました。以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるのです。

まず、歯周病の原因は歯垢ですから、 それをためない、増やさないことが基本です。そのために必要なことは

  1. 正しい歯ブラシの方法を毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切です。
  2. 歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。
  3. 傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。
  4. 健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることです。

4)歯周病の治療

1.プラークコントロール

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。
プラークコントロールとは、歯垢(プラーク)の中の歯周病の原因である歯周病菌の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯ミガキの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。 ただ一生懸命歯ミガキをしても、きちんとプラークが取れていなければ意味がありません。また、力を入れすぎると歯や歯肉を痛め、知覚過敏を起こす原因となります。是非一度正しい歯ミガキの仕方についてご相談ください。

2.スケーリングとルートプレーニング

歯周病の根本的な原因はプラークであり、プラークは毎日の歯磨き等である程度は取り除く事が可能なのです。ただ実際には、どんなにうまく歯ミガキができても限界があります。またお口の中は自分では見えないため、どれだけ綺麗になっているかわかりづらいですね。うまく取れなかった、プラークは時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため早めに取り除かなければドンドン歯周病が進行してしまうのです。

そこでこれらのプラークや歯石を除去し、再び付着しづらくする治療法がスケーリングとルートプレーニングです。スケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除く事です。

ルートプレーニングは歯の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法です。このことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。

3.外科治療

基本的なスケーリングやルートプレーニングで歯肉の一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。

また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行う場合もあります。手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。ポケットが改善されれば、メインテナンスに移行します。

4.その他の治療

不適合な冠や義歯が入っている。またむし歯があれば汚れが貯まりやすいわけでありますから、当然治療が必要です。また歯ぎしりや噛みしめる癖などがあると負担がかかりすぎて歯周病が進行しやすくなります。かみ合わせの診査、治療が必要です。食生活、喫煙、ストレス、全身的な病気も歯周病を進行させる原因となりますので、一度ご相談ください。

5.メインテナンス

メインテナンスとは歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。治療が終了した後は、3~4ヶ月ごとの定期検診の受診をお勧めします。歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。したがって、この細菌を障害除去し続けることが歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。

細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングでは除去できません。これらは歯科衛生士による専門的なクリーニングによって除去することが必要です。

歯周病が治り、治療でなく、主に歯周病、むし歯を予防することに重点を置いた治療は、PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)と言われています。ただ現在の保険制度では予防には保険が適用されないためPMTCは基本的に保険が適用されません。詳しくは担当医、担当衛生士までお問い合わせください。

5)全身疾患との関係について

1.歯周病と心臓血管疾患

歯周病にかかっていたり、歯周病で歯を失った人は、歯周病にかかっていない人に比べて心筋梗塞が多いことが明らかにされています。また、歯周病菌が動脈硬化に関与することを示す研究結果もいろいろ報告されています。

2.歯周病と糖尿病

歯周病菌の死骸が「内毒素」と呼ばれる多量の毒素をまき散らすことが、血糖値にも悪影響を及ぼします。血液中の内毒素は、脂肪組織や肝臓からのTNF-α の産生を強力に推し進めます。TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうのです。インスリンの働きが悪くなると、血糖値が下がりにくくなります。

つまり、歯周病も肥満も、TNF-αの分泌を活発にすることで血糖値のコントロールを悪化させ、結果的に糖尿病の発症につながる可能性があると考えられるのです。

また、こうして血糖値が上昇すると、歯肉も高血糖状態となり、歯周組織の破壊が進み、歯周病原菌はさらに増えるため、糖尿病は悪化していくという悪循環に陥る可能性が考えられます。

重度歯周病である糖尿病患者を対象に行った最近の調査では、歯周病治療を入念におこなった患者ほど、血糖値が下がる傾向がみられたという報告があります。

治療項目へ

保存修復治療

歯の硬組織疾患(おもにむし歯)の治療

保存修復治療とは歯の硬組織疾患(おもにむし歯)の治療です。穴があいたり欠けてしまった歯は、自然に元に戻ることはありません。歯に代わる材料で修復しなければなりません。しかし、どんなにきっちり治しても、実は人工物で補っているに過ぎません。

口腔内の環境は、常時、唾液に浸された湿度100%、温度37℃の体温の中で、毎日の飲食による急激な温度の変化、咀嚼やかみしめによる圧迫を受けています。そのような過酷な環境下で、細心の注意なく、むやみやたらに歯を削り治療して、一生涯その歯を守っていくというのは至難の技といえます。特に当クリニックでは、天然の歯をなるべく残すことを目標にしています。

初期のむし歯ならプラークコントロールにより改善

初期のむし歯は、プラークコントロールにより改善、または進行させないことが可能です。しかしある程度進行してしまった場合には、最小限の削除量で修復を行うよう努力しています。

また、いかに自然な形や色に修復するかといった審美的側面も重視に考え、なるべく金属を使わない、自然の歯に近い材料で治すため器具、材料を厳選しています。

とはいえ、上記したように、過酷な環境ではありますので、また悪くしないためにはメインテナンスが重要となります。

治療項目へ

歯内治療

歯内療法とは文字通り、「歯の内部の治療」であり、根管治療(歯の根の治療)とも言われています。

むし歯が軽度であれば、保存修復処置で治ります。しかし、歯の中の神経(歯髄)にまで細菌が感染している場合、神経を取ってしまわなければ痛みは治まりません。その場合、麻酔をして、感染している部分を取ります。歯の部分は削って取りますが、歯の中(根の中)は狭いので、針のようなヤスリのような器具で取っていきます。

また、一度治療してあっても様々な条件から、今度は膿んでくることもあります。根の中は狭くて、真っ直ぐとは限らず、また根の本数もそれぞれです。治療の基本は、感染している部分を完全に取ることで原因となる細菌を減らすことです。ずーっと口を開けていないといけないので治療は、私たちも、患者さんも大変です。しかし根の中が完全に良くなっていないと、どんなにきれいに治しても、また後で最初からやり直すこととなります。地道な作業ですが、なるべく早く良くなるよう努力いたしますので頑張りましょう。

治療項目へ

一般補綴治療

クラウンや入れ歯などの人工物で補う

補綴」は「ほてつ」と読みます。歯科治療における補綴とは、歯が欠けたり、なくなった場合にクラウンや入れ歯などの人工物で補うことをいいます。

これによって、「うまく噛めない」「しゃべれない」「見た目が悪い」といった問題を解決し、生活の質(Quality of life, QOL)を維持・向上させることができます。

クラウンの材質にはいろいろと種類がありますが、重要なのは、しっかりとした適合、合着。さらにはかみ合わせです。力のバランスをうまくコントロールできなければ、長く持つ補綴物は作れません。

1)クラウン(冠)

歯内処置 を行った歯は、もろくなってしまいます。そこで根の治療をしたところを、金属または樹脂などで補強し、クラウンを被せます。保険では、大臼歯には金銀パラジウム合金で作られたクラウン。小臼歯では、金銀パラジウム合金、条件によっては、歯と同色ですべて樹脂でできたクラウン。前歯には、すべて樹脂のクラウン、または金銀パラジウム合金の表面に歯と同じ色の樹脂をつけたクラウンがあります。 また、より綺麗にしたいとご希望の場合、保険外となりますが、審美的なクラウン(冠)で治すことも可能です。

hotetu

2)ブリッジ

歯が1~2本なくなった場合、なくなった両脇の歯がしっかりしている時に、両脇の歯を支えとして人工の歯を橋のように架けるものをブリッジと言います。ブリッジが可能なのは、大体1歯か2歯の欠損です。保険では前歯は樹脂を使い歯と同じ色で作ることは可能ですが、小臼歯、大臼歯は金銀パラジウム合金となります。

3)義歯(入れ歯)

歯が残っている場合には、部分的な義歯(入れ歯)、歯が全部ないときには総義歯(総入れ歯)になります。歯肉や歯との適合はもちろん大事ですが、よく噛める、痛くない義歯を作るためには、力のバランスを考慮してかみ合わせをしっかり作ることが大事です。ただいろんな条件から、保険の義歯では限界があり、保険外の材料を使わなければうまくいかない、あるいは義歯でなくインプラントが適応である場合もあります。

義歯でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

治療項目へ

口腔外科治療

口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う治療です。

この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患などの内科的疾患も含まれます。

当クリニックでは、親不知を含めたほとんどの抜歯は、当クリニックにて処置が可能ですが、設備の関係からすべての疾患を治療することはできません。レントゲンなどを用い診断を行うとともに、大学病院等への紹介を行っています。

治療項目へ

予防歯科

プロによる口腔クリーニングのすすめ

むし歯、歯周病ともに、口腔内の細菌が原因で発病する感染症です。

したがって、この細菌を除去し続けることが、むし歯、歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。

細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、歯と歯の間に付着した歯垢(プラーク)など、実際には多くの方が歯磨きだけでは完全に歯垢(プラーク)、特に『バイオフィルム(歯にへばりついた細菌の塊)』を取り除けていないのが現実です。

悪くなってから治すのではなく、悪くならないようにしていくことこそ重要です。

歯周病治療ではなく、『主に歯周病、虫歯を予防すること』に重点を置いた治療が『PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)』です。

当クリニックの歯科衛生士は、このPMTCの専門家です。

実際のPMTCの流れ

  1. プラーク染色剤などを使用して磨き残しをチェックする。
  2. 専用器具を使って歯垢(プラーク)、バイオフィルムを除去する。
  3. 歯の着色汚れなどを専用器具、薬剤を使用して磨き上げ、歯を綺麗にする。
  4. 1本1本の歯の表面にフッ素を塗り、細菌を付着しづらくする。

お口の中の状態は、一人一人違います。それぞれのお口にあったケアをさせていただきます。

治療項目へ

専門補綴治療

補綴治療に本来は、一般も専門もありません。しかし現実的には、きちんとした補綴処置、特にかみ合わせを勉強した先生は少ないと思います。

当クリニックでは、大学病院で補綴を専門に治療していた、日本補綴歯科学会専門医、指導医が治療を行います。

今入っている補綴物(冠やブリッジ)をもっときれいにしたい

義歯(入れ歯)がうまく合わない。 うまく噛めない。

など、部分的に見るのではなく全体的に見て診査、診断そして治療を行います。

どんなことでもご相談ください。

治療項目へ

顎関節症

増えている顎関節症

顎関節症の代表的な症状は、「あごが痛む(顎関節痛)」・「口が開かない(開口障害)」・「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」の三つで、このうち一つ以上の症状があり、鑑別診断で他の疾患がない病態を「顎関節症」といいます。

顎関節症

近年、顎関節症は増えているといわれています。ただ一方で顎関節症は自然に治るとも言われています。顎関節症をきちんと勉強している先生が少ないのが日本の現状です。当クリニックでは、大学病院で顎関節症の専門外来で勤務していた、顎関節学会専門医・指導医が診察いたします。

以前、顎関節症の原因はかみ合わせと言われていました。しかし現在では、かみ合わせはもちろん大事ですが、日常生活でのストレス、姿勢、かみしめ、歯ぎしりなど多くの要因が重なって症状として現れるという多因子が原因であるとされています。これらが積み木のように重なっていき、個人の頬範囲を超えると症状として現れるといわれています。

一番の原因

今一番の原因と言われているのは、かみしめる癖(Tooth Contacting Habit)、すなわちTCHです。一日のうちで歯が上下接触している時間はどれくらいかご存知でしょうか?いろいろな研究から、大体一日20分程度と言われています。驚いた方も多いかと思います。

ただこれは癖になっている場合が多いの自分では気づいていない場合も多いです。上下の歯が当たっているということは、口を閉じる筋肉がずっと緊張しているわけですし、歯も常に刺激されていますので、人によっては顎が痛くなりますし、人によっては歯が痛くなります。

歯を削る前にやれること

ただ日本では、保険制度の関係で安易に歯を削る傾向がありますし、またかみ合わせですべてを治そうとする先生もいます。すべてが悪いとは言えませんが、歯は削ればもとには戻りません。削る前に、やれることがあります。顎関節症には、まず保存療法(後戻りできる治療)というのは世界的な傾向です。

上記しましたように積み木を少しずつ減らしていくことで、人本来の自然治癒能力を助けることもできます。逆に削ることで悪くなることもあります。積み木を減らしつつ、かみ合わせの変化を見ながら、本当に必要な時にかみ合わせを治すことが必要です。

顎関節症について」という項目を別に作りましたのでそちらも参考にしてください。

詳しくは何でもご相談ください。

治療項目へ

口腔内科

口腔顔面痛という概念

口腔内科とは聞きれない言葉かと思います。近年口腔顔面痛という概念が新しくできました。

以前は、顎の付近の痛みといえば、何でも顎関節症として捉えられてきましたが、同じような症状が出る別な疾患はたくさんあります。

たとえば近年歯科界で話題となっているのが、非歯原性疼痛。すなわち歯に痛みを感じているが、別のところに原因がある疾患です。

歯の神経をとったり、歯を抜いたりしても痛みが治まりません。その多くが筋肉痛(筋筋膜痛)です。痛みの原因が多岐にわたることに加え、原因不明なケースも多く、ストレスやうつ病など精神疾患の一症状として口腔内の異常が現れる場合もあります。

また、痛みの発生源と実際に痛む部位が一致しないことから、慢性痛に苦しむ患者が何年もの間、あちこちの医療機関を渡り歩くケースも珍しくありません。

さらに、顔面痛を引き起こす病気はたくさん存在するため歯科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、整形外科、あるいは精神科や心療内科など、複数の診療科を同時に受診するケースが多く見られるのが特徴です。

開業医では、治療に関しては限界がありますが、大学病院と連携し治療にあたっています。心当たりの方は一度ご相談ください。

治療項目へ

矯正歯科

「子どもの矯正」と「大人の矯正」

矯正歯科の治療は大きく分けて、「子どもの矯正」と「大人の矯正」に分かれます。

小児矯正は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。

使用する矯正装置は歯並びや年齢等によって異なります。1期治療は、永久歯が生えそろう6歳~10歳くらいまでに行うことが良いので、お子さんの歯並びで気になる点があれば早めにご相談ください。

成人矯正について

永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正です。近年、治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者さんのライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。子どもの矯正と違って、顎の骨格を矯正することはできないので、歯並びによっては、抜歯をして歯を並べるスペースをつくる場合もあります。

当クリニックでは、月に1回、第一火曜日に矯正の専門医による治療を行っています。

矯正治療は、毎日の治療が必要ではないので月に1回でも十分と考えます。またそれ以外に何かあった場合は、矯正と連絡を取り対応いたしております。

矯正相談は無料となっておりますので、是非一度ご相談ください。

治療項目へ

インプラント

従来の治療と違うインプラント

インプラント治療は、失ってしまった歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、人工の歯を取り付ける治療です。往来のブリッジや入れ歯の治療と違い健全な歯を守り、自分の歯と同等の機能を再現することができる治療です。

ブリッジは健康な歯を削る必要があるので土台の歯の寿命が短くなりやすくなりますし、部分入れ歯では違和感が強く、自分の歯と同じようにものを食べることは出来ないということがよくあります。
その点、インプラントは他の歯を削らずにすみ、自分の歯と同じようにものが食べられるということで、現在では最も機能的に優れている治療法だと考えられています。

インプラントのデメリット

ただし、インプラントにもデメリットはあります。他の方法(ブリッジや義歯)では手術が必要ありません。インプラント治療ではそれほど大きな手術ではありませんが、通常、インプラント本体(フィクスチャー)を骨に埋め込むときと、上部構造(人工の歯)を装着するときの2回、手術が必要になります。

治療期間が長い

また、治療期間は最短でも2ヶ月、長い場合では1年以上かかることもあります。またインプラントも歯周病になりますし、また自分の歯とのバランスを取るためのかみ合わせの診査を含めたメインテナンスが必ず必要となります。

詳しくは、担当医までご相談ください。

インプラント

 

治療項目へ

スポーツ歯科

スポーツ歯科

スポーツ歯科として、アスリートをはじめ児童から一般成人、また“Quality of Life”の維持向上をスポーツを通して楽しむ年配者まで、幅広い見地から歯科的サポートを考えています。

良いかみ合わせで、しっかりかみしめられることが大切です。

またスポーツの時に使うマウスガードは、使う人にピッタリとフィットした物でないと逆にケガをする原因となります。マウスガード使用を考えている方、是非ご相談ください。

治療項目へ

 

審美歯科

審美歯科には大きく分けて2つの方法があります

1.天然の歯を削らずに漂白(ホワイトニング)する方法

1)歯科医院で漂白する方法(オフィスホワイトニング

歯の漂白に「過酸化水素」という成分を使います。「過酸化水素」は分解して“フリーラジカル”という成分を放出します。フリーラジカルは、着色成分である有機質を分解 し脱色をさせます。歯を削らずに、漂白剤を歯に塗って光を当てます。1回の治療に約1時間ほどかかります。これを基本的には1週間に1回、4週間行います。

2)マウスピースを使い家で漂白する方法(ホームホワイトニング

歯科医師により作製された透明なマウストレーにホワイトニングジェルを用いて使用します。ジェルを1日最長2時間使用することにより、個人差にもよりますが、2週間で輝くような白い歯になります。ジェルの主成分は過酸化尿素で、今まで困難とされていた着色歯面のホワイトニングも可能になりました。

◎注意

・歯の漂白効果には個人差がある為、ご希望の白さにならない場合があります。
・ホワイトニングが可能なのは自分の歯のみになり、かぶせ物や詰め物は白くなりません。
・漂白効果は永久的ではありません。色の戻りには個人差があります。
・処置後にしみたり歯や歯茎に痛みが出ることがありますが漂白を中断することで改善します。
・また次の方はホワイトニングはできません。

重篤な歯肉炎・歯周炎重度の知覚過敏の方
妊娠中・授乳期の女性
呼吸器疾患を持った方
重度の変色歯

2.歯を削って白くする方法

1)歯の表面だけ削ってセラミックを貼り付ける方法(ラミネートべニア

重度の変色歯や表面が虫歯になっている歯は、ホワイトニングでは白くなりません。

その場合は、歯の表面を薄く削りセラミックを貼り付け白くする方法があります。表面を薄く削るだけなので歯へのダメージは少ないと思います。

2)歯を削る、今被せてある冠を外して綺麗に被せ直す方法

虫歯の大きい歯、神経のない歯、あるいはすでに被せてあるが色、形が気になる場合は、歯の形を整え被せる方法となります。この場合、金属の裏打ちのないセラミックジルコニアで作ると自然な感じの歯となります。

3)奥歯の金属で詰めてあるのを綺麗にする方法

奥歯の小さな虫歯は、保険では金属で治すことが多いです。しかし笑った時、しゃべる時奥歯の金属が気になりますよね。当クリニックでは、基本的に小さな虫歯では、保険でも金属を使わずに、歯と同じ色の樹脂で治します。ただ保険の樹脂は、何年かすると色が変わってきます。その時にまたやり直しても良いのですが、色が変わらないものをというご希望の場合、セラミックで治すと色が変わりません。ただ大きさや虫歯の位置によっては、全部被せないとセラミックが割れやすいこともありますので詳しくは担当医にお聞きください。

治療項目へ

PAGETOP
Copyright © グリーンデンタルクリニック All Rights Reserved.