Biostimulation(生体刺激)効果による歯科疼痛緩和レーザーの最新機器

コールドレーザー ルミックス2 を昨年末より導入いたしました。

歯科疼痛緩和レーザーの最新機器

ルミックス2 を数分間照射する事により、Biostimulation(生体刺激)が起こり、細胞内のプロテインやミトコンドリアが反応、血管、神経への組織活性化に伴い、人間が本来持つ自然治癒能力を向上させます。

従来のレーザーに比べ、ルミックス2はより深い部分(5cm~8cm)まで到達し、幅広い範囲での疼痛緩和、組織再生、治癒力向上効果があります。

適応範囲は広く、顎関節症における関節や筋肉(首や肩にも)効果があります。

また、口内炎は大体1,2日で治るケースが多い、また抜歯後の痛み、腫れ、治りにくい根の治療、歯周病にも効果があります。

治療は、10分間、レーザーを照射するだけです。熱は出ないので、痛みはありません。

ただ、レーザー治療は保険適応外となりますので、詳しくは担当医にお尋ねください。