顎関節症は本当は怖い病気ではありません。

朝起きたときに、首を寝違えて痛くなった経験を持つ人は多いと思います。顎関節症は、たとえれば首の寝違えによく似ています。

朝、起きたら顎が痛い。朝、ご飯を食べようと思ったら口が開かないなどの症状が最初に出ることが多いのですが、寝ているときに、かみしめている、寝る方向が悪い、疲れているなどいろんな条件が重なった時に症状が始まるようです。

首の寝違えと同じように、顎を寝違えたようなものです。という説明に納得される患者さんは多いです。

ただ、朝ではなく、夕方になってくると症状が強くなってくる患者さんもいます。これは無意識にかみしめているなど何かストレスを顎にかけていることが多いようです。

話を聞くことが本当に重要

ただ、たいていは、症状のきっかけは自分ではわからないことが多く、症状の原因を探すには、医療面接といって、症状に関すること、日常生活、仕事のこと、睡眠、食事などについてお話を聞いていく中で、問題が見えてくることが多く、これが、齲蝕や歯周病などの他の歯科疾患と違うところです。歯科医は、技術がどうしても優先されるため、医療面接のような、話を聞きそこから診断を導き出すというようなことに慣れていません。顎関節症では、この話を聞くことが本当に重要となってきます。

他の病気と似ている症状を示す

顎関節症は、日常生活に関連して症状が出ることが多いため、日常生活でちょっとしたことに気をつけていれば自然に治っていく場合も多いのですが、症状が消えづらい、強くなってくるとすると、何か顎に負担がかかるようなことがあるはずです。また、顎関節症の症状とよく似た症状を示す、他の病気は、意外に多く、場合によっては早く治療しなければならないものもあります。

1週間ぐらい様子を見て症状が変化ない、だんだんひどくなる場合は、専門医に診てもらったほうがいいでしょう。

少ない専門医

ただ顎関節症や口腔顔面痛の専門医は意外に少ないのが今の現状です。現在では学会HPを見ると専門医が見つかります。顎関節症の治療は数年前から比べて変わってきています。本当は簡単に治るはずなのに、治療の仕方が間違っているために、治らなくなってしまうことも多いようです。顎関節症で困ったときはぜひ専門医にご相談ください。