東京都千代田区|グリーンデンタルクリニック(グリデン)
投稿
  • HOME »
  • 自費治療について

自費治療について

保険と保険外(自費)診療について

保険診療は、最低限のことはできるようになっています

現在日本は国民皆保険であり、私たちは何らかの医療保険に加入しなければならないことになっています。保険の適用を受けるには保険医療機関の保険医による治療に 限られます。

また、すべての病気に対して適用できるわけではなく、検査法や治療法、期間、薬剤、使用材料にいたるまで、こと細かく規制されており何かと制限が付きまとうため、保険診療は、最低限のことはできるようになっていますが、保険診療のみで患者さんのすべての希望をかなえることができないのが現状です。

治療費の全額を負担する場合が自費診療

このような医療保険を一切適用せず、治療費の全額を負担する場合が自費診療です。保険制度の細かい規制や枠組みに左右されることなく患者個々の要求にフレ キシブルに対応することができます。

歯科医療技術はめざましい進化と発展を遂げてきました。現在も急速に進歩しています。しかし保険が適用できる治療法はその中のほんの一部に過ぎません。

年々医療費が国の財政を 圧迫しているので、全ての技術を保険で賄おうとするのは国としては無理なことなので仕方ないのですが、同時に患者さんの要求全てを満たすことにも無理が生じてくるわけです。

保険診療では使える材料に制限がある

私たち医療者は当然、保険診療だから手を抜く、自費診療だから一生懸命やるということはありません。治療したものが少しでも長く保てるよう最大限の努力をしています。

しかし、保険診療では使える材料に制限があります。医科よりも歯科は、材料に左右される部分が大きいため材料の制限による影響は大きいと思われます。

患者さんの意志が重要

当クリニックでは、保険診療、自費診療を含めて、現在の患者さんの状態では何がベストなのかを考え説明いたします。そのうえで患者さんの意見をお聞きしながら治療を進めていきたいと考えていますので、なんでもご相談ください。

自費治療の料金表

グリーンデンタルクリニック

グリーンデンタルクリニック

さらに詳しく、自費治療の方法・材質や治療費に関しては下記項目をクリックしてください。

1.冠
2.詰め物
3.義歯
4.インプラント
5.咬合治療
6.ホワイトニング
7.マウスガード
8.矯正

お支払方法

1.現金

2.クレジットカード

3.振り込み

      4.電子マネーも使えるようになりました!

その他、具体的な治療内容、治療期間については担当医にお尋ねください。

1.冠

1.冠(1歯) 

・ジルコニア
ジルコニアは強度があり割れにくいため、奥歯やかみ合わせの強い方におすすめ。

ジルコニアセラミッククラウンは、セラミックの内面の金属の代わりに、ジルコニアを使用したものです。金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。また、審美的には金属を使わないタイプのセラミックに多少劣るもののかなり綺麗で、土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。

ジルコニア

ジルコニア

e-max
天然歯のような透明感を持ち合わせます。より綺麗に見せたい方におすすめです。

e-maxは進化型セラミック素材です。強度、審美性ともに従来のセラミック素材をしのぐ特性があります。強度と審美性から、被せもの(クラウン)や詰め物(インレー)としてはもちろん、ラミネートべニア(前歯前面などへの貼り付け)にも使用できる、汎用性の高さがあります。 強度はちょうど天然歯と同程度くらいとされています。ジルコニアとは違い、硬すぎて他の歯を傷つけることもほとんどありません。

・ハイブリッドセラミック 

ハイブリッドセラミッククラウンとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウンです。オールセラミックジャケット冠よりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、色調は多少劣り、経年的に変色します。 金属を使ったタイプと金属のフレームを使用しないタイプがあります。

ハイブリッドセラミック

・ゴールド

金を主体とした合金。歯科用金合金は金、銀、銅の3成分を基本にして、これに白金やパラジウムを加えたものです。純金(K24)は軟らかすぎるため、歯科材料としてはあまり使用しません。主にK20、K18などの合金が使用されます。適合が良く、歯科材料としては優れています。

症例

症例

治療後

前歯:ジルコニア(金属なし)

奥歯:セラミック(金属あり)

自費治療のTOPへ

2.詰め物

2.詰め物(1歯)

 ジルコニア  ¥99,000
 e-max  ¥99,000
 ハイブリッド  ¥55,000

(税抜)

~症例~

セラミック

自費治療のTOPへ

3.義歯

3.義歯

金合金

 ¥550,000

チタン合金

 ¥440,000

コバルトクロム合金

 ¥330,000

ノンクラスプ(1~4歯);金属を使わない入れ歯です。

 ¥165,000

ノンクラスプ(5歯以上);金属を使わない入れ歯です。

 ¥220,000

コンフォート(1~2歯);入れ歯の形で多少値段が前後します。

 ¥129,800~¥162.800

コンフォート(無歯顎)

 ¥448,800

(税込)

また歯の数や使う金具の種類により金額が変わりますので詳しくは担当医までご相談ください。

・チタン合金

チタン、アルミニウム、パナジウム等を含む合金で、生体材料に多く使用されています。医学の分野では代用骨、人工関節など直接体の中に埋め込まれています。
チタンは耐食性のある銀色の金属で、生体親和性に優れ、金属アレルギーの原因にならない金属でもあります。疲労硬化がなく耐食性、耐熱性にすぐれているため、生体材料として注目されていますが、加工が難しいと言った難点があります。

・コバルトクロム合金

コバルトクロム合金を使った入れ歯です。コバルトクロム合金は入れ歯素材としての長い歴史を持っています。

・アタッチメント

 コーヌス冠 1歯

 ¥154,000

 マグネット 1歯

 ¥99,000

 ボールアタッチメント

 ¥77,000

 特殊人工歯

 ¥77,000

(税込)

その他、状況により異なりますので詳しくは担当医までご相談ください。

 

自費治療のTOPへ

4.インプラント

4.インプラント 

 インプラント一式
(かぶせものを含む)

 ¥400,000

¥130,000
(ブリッジの場合のダミー)

(税抜)

当クリニックでは、主にアストラテック社製インプラントを使用しています。

症例

インプラント症例

治療後

右上奥歯と右下奥歯はインプラント

その他はセラミック(金属あり)

自費治療のTOPへ

5.咬合治療

5.咬合治療

現在、咬合治療については保険では認められていません。

冠、ブリッジや義歯などを入れる時には当然、それらの装着料に含まれますが、咬合治療を目的とする場合は保険点数がありません。また、咬合治療の仕方は、患者さんの症状によって異なります。咬合治療をご希望の患者さんは、是非一度ご相談ください。

自費治療のTOPへ

6.ホワイトニング

6.ホワイトニング

 ポーセレンラミネート ¥100,000  1歯
 ホームホワイトニング ¥30,000
 片顎
 オフィスホワイトニング ¥30,000  片顎
 歯肉のホワイトニング ¥30,000  片顎

ホームホワイトニングで少し濃い薬にする場合は+2,000円 (税抜)

・ホワイトニングデュアルセット

オフィスとホームのセットです。一番効果があります。

デュアル(オフィス30000+ホーム18000)48000+税
こちらもホーム20%薬剤にする場合は+2000円

(税抜)

自費治療のTOPへ

7.マウスガード

7.マウスガード

 ラミネートマウスガード ¥20,000

(税抜)

マウスガードは、運動具店でも手に入ります。何が違うのでしょうか?

運動具店で手に入るマウスガードは、そのまま使うか、お湯で温めて口の中で合わせるタイプがほとんどです。問題なのは、口、特に歯にぴったりと合っていないマウスガードを使うと、マウスガードが歯や顎を保護するのではなく逆に、壊してしまうもとのなります。またかみ合わせを自分で合わせることはまず無理です。噛み合わせが悪い、合っていないために、局所的に負担がかかり、歯の破折、脱臼や顎の骨折顎関節症を引き起こすことになります。

では、どこの歯科医院でも作れるのでしょうか?

正しいマウスガードを作るためにはそれなりの知識が必要です。奥歯で最低3mmの厚みが必要であり、かみ合わせもしっかりと全体でかみしめられるようになっていなければなりません。現在マウスガードは、ラミネートマウスガードが主流です。ただスポーツの種類、ポジションなどによってもマウスガードの形態が変わってきます。

正しいマウスガードは、歯の保護、顎の保護だけでなく、衝撃時に起こる脳震盪の予防にもなります。また個人差はありますが運動のパホーマンスガ上がるとの報告もあります。安全にスポーツをするために是非一度ご相談ください。

自費治療のTOPへ

8.矯正

8.矯正

矯正相談 無料
全体の矯正 ¥650,000
部分矯正 ¥150,000~
子供の矯正(第一段階) ¥200,000~300,000
内側からの矯正 症例により相談
針金をつけない矯正 症例により相談
検査料 ¥35,000
矯正用レントゲン 大学病院にて実費
透明な矯正装置 ¥50,000
セラミック製の矯正装置 ¥100,000
特殊な矯正装置(セルフリゲーション) ¥100,000
矯正用インプラント2本 ¥60,000
その他の装置 実費
後戻り防止装置(上下セット) ¥60,000
チェック料 月々 ¥5,000

(税抜)

自費治療のTOPへ

アメブロやっています!

グリーンデンタルクリニック スタッフ 市ヶ谷

理事長ブログ~顎関節症について

理事長ブログ~顎関節症について

連絡先

〒102-0076
東京都千代田区五番町5-6
グリーンデンタルクリニック
TEL:03-3261-0418

PAGETOP
Copyright © グリーンデンタルクリニック All Rights Reserved.