東京都千代田区|グリーンデンタルクリニック(グリデン)
ブログ
  • HOME »
  • 治療について

治療について

治療について

現代の歯科医療の問題点

歯科における2大疾患は虫歯と歯周病です。

虫歯や歯周病は、重症とならない限りはそれほど悩まれる患者さんは少ないと思います。虫歯や歯周病になった時に治療すればよいと思われている人がほとんどではないでしょうか?

たとえば、風邪や小さな怪我のような病気は、自然に治る、あるいは医療機関を受診することでほとんど完全に治ります。つまり病気になる前と同じ状態に戻ります。

しかし、虫歯や歯周病は一度発症すると本当に早期の状態を除いては自然治癒が望めないばかりでなく、歯科医院で治療を受けて症状が消えたとしても完全に元の状態に戻っているわけではありません。虫歯であれば悪くなった所を削り金属や樹脂などを詰めて欠損したところを埋めているにすぎません。また歯周病では失ってしまった歯を支える骨をもとの状態に戻すことはほとんど不可能なのです。

原因に対するアプローチがなかった

今まで一般的に行われてきた歯科治療は、なぜ虫歯や歯周病が起こってしまったのかその原因に対するアプローチをすることなく、結果として起こってしまった虫歯や歯周病の後始末を行い、病気の進行を止める、遅らせることで治療は終わりとなっていました。これは極端な言い方をすれば、これまでの歯科医療は病気を完全に治せていなかったと言えるのではないでしょうか?

治療した歯のその後

たとえば虫歯の場合、初めは小さな虫歯を削り詰める処置から始まります。その時はそれで治まるわけですが、しばらくするとその詰め物が外れたり、詰め物のまわりに新しい虫歯が出来てしまい、そのやり直しが繰り替えされ、そして何度目かの治療で神経を失い、大きな被せものをすることとなり、その歯が痛むと今度は、神経の治療のやり直し、あるいは歯周病がひどくなり、その歯を抜かなくてはならない状態となり、前後の歯を削りブリッジとなり、またその歯も悪くなり義歯となっていくという悪循環になっていくという現実があります。

もちろん治療方法や材料の進歩により治療のクオリティは格段に良くなってきており、悪循環を遅らせる、あるいは止める事が可能になってきていることは間違いありません。

予防には保険は効かない?

しかしクオリティの高い治療をうけるためには時間、費用等、現在の保険治療ですべて網羅することは難しいと思います。日本の保険制度の上では、基本的には病気となって初めて保険が適用されます。つまりは予防には保険は効かず、患者と言う不幸な状態にならなければ機能しないシステムと言えます。

日本の現状

先進国では、虫歯も歯周病も減少していると言われている現在、日本の現状はどうでしょうか?

昭和30年から40年代にかけて、歯科医師不足が深刻な問題となりました。ひどい虫歯の人が激増したにもかかわらず、歯科医院は少なく、どこの歯科医院でも朝早くから順番を待つ患者さんであふれ、なかなか治療が受けられない、受けられても5分と治療してもらえないといった時期がありました。

世界的にも同様の現象が起こっていたのですが、この問題を解決するのに大きな分かれ目がありました。

1つは「病気をなくす」こと。もう1つは「治療する人を増やす」という選択です。

北欧では最初の「病気をなくす」選択を行いました。その結果、予防歯科に関する科学的な事実が積み上げられ医療から保険制度まで予防を重視した方向に進んで行きました。

日本が選んだ「治療する人を増やす」

日本は後者の「治療する人を増やす」という選択を行いました。病気を積極的に治すために歯科医師の数を増やしました。昭和40年頃から歯学部、歯科大学を次々に新設していきました。結果として、病気を予防し、原因を治すことは無視され、後始末の治療に全力が注がれることとなりました。

それぞれ別の道を選択したわけですが、現在どのような状況となっていると思いますでしょうか?

現在20歳の日本人は、虫歯の経験が1人平均9.2本あります。一方病気をなくす、すなわち予防の道を選んだスウェーデンは、40年くらい前は日本の状況とたいして変わらなかったのですが、毎年のように虫歯になる歯は減り、1999年には4本以下となりました。そして1本も虫歯のない人はスウェーデンでは5人に1人であるのに対し日本では25人に1人という状況となってしまいました。

つまりは「歯科医は増えたが、虫歯も増えてしまった。」ということになるかと思います。

現在日本の歯科医療は大きな転換期を迎えていると思います。現在の保険制度は、皆がすぐに最低限の治療を受けられるという点では世界に誇るべき制度ではあると思います。ただ歯科医に与えられる診療報酬は、出来高制であり、治療を行っただけ報酬が与えられることとなっています。もしプラークコントロールが適切に行われれば経過観察ですむような虫歯であっても、経過観察では治療報酬はもらえません。削って詰めることで初めて報酬がもらえることとなります。そしてこれまで書いたような悪循環が形成されている可能性があります。

予防を中心とした歯科医療

しかしこうした歯科界の現状を憂い、本当に患者さんのためとなる歯科医療を目指す動きがあります。それが予防を中心とした歯科医療であり、収入を保つために「削って、詰めて収入を得る」という歯科医療からの決別です。

現在行われている歯科治療の80%は、いままで治療された部位のやり直しと言われています。それらは本当に必要な治療なのでしょうか?

小さな詰め物からはじまり、そのやり直しを繰り返し、神経を取り、大きな被せものとなり、歯を抜くこととなり、ブリッジや義歯となっていく。

今私たちができることは、この歯科治療の悪循環に対して、1人でも多くの方を入れないこと、この流れに入ってしまった方々に対して可能な限りその流れを遅くすることと思います。一度侵襲を受けた歯は、適切なコントロールがなされないと、そのほとんどが悲惨な状況をたどる現状を見るにつけ、何とかできないものかと日々考えております。

予防的なアプローチが必要不可欠

歯科医院での治療のほとんどを占める虫歯も歯周病も完全に治すことができないことを是非ご理解ください。ただ虫歯や歯周病は細菌による感染症ですので、将来内科的に完全に防げる日がくるかもしれません。そのような日が来るまでは、悪循環へ入れない。悪循環を遅らせるために予防的なアプローチが必要不可欠であることは明らかです。

3か月に1度のメインテナンスで健康な歯に

先日訪れた患者さんは、まだすべての歯がありほとんどは手をつけていない健康な歯にもかかわらず「何歳になったら義歯になるのですか?」と聞かれました。確かにその方のお母様は、歯が少なく上下とも義歯が入っています。ただその患者さんは、3か月に1度のメインテナンスに、もう7年ほど通われており大きな問題を生じていません。「今のまま歯を失わずに一生いけると思いますよ。」とお答えすると非常に驚かれるとともに喜んでおられました。」

予防健康創成型歯科医療

予防健康創成型歯科医療について

現在医科では、慢性疾患の増加とともに、これまでの「病因を追求してそれを排除する病因追求型の医療」から、「症状の完全消失を目標としないで生活の質(QOL)の向上を目指す健康創成型の医療」の必要性が唱えられています。健康創成型医療を提案したA.Antonovskyは、病気と健康は明確に区別される対立的な現象ではなく、人間は常にその連続体の上を移動する動的な存在であることを強調しています。

歯ブラシとタオル

生活の質(QOL)の向上を目指す健康創成型の医療

歯科においても、虫歯や歯周病は、現代の歯科医療の問題点で述べましたように、完治することは難しい慢性疾患としてとらえる必要があること、あるいは当院で専門的に治療している顎関節症も慢性疾患としての面を持っていることから、健康創成型医療的な視点から患者さんを診ていくことが求められてきています。そこで当院が目指す歯科医療の形を予防健康創成型歯科医療と考えました。

本当の意味での予防

予防が大事であるという考え方は以前からあります。しかし本当の意味で予防が行われていたかと言えば疑問があります。たとえば予防と言う名のもとに行われていた歯科検診は、新たな虫歯や歯周病を探し、早期発見・早期治療と言う考えのもとに処置を行っていたに過ぎないのではないでしょうか?

歯科検診では、細い針で歯を探り、詳細に虫歯を見つけ削って詰めて治療します。しかし、現在では虫歯を針でつついて見つけ、そこを削って詰めるのでは、虫歯はなくなりません。かえって虫歯をひどくしてしまう可能性さえあります。たとえ一時的に虫歯が治ったとしても再発すれば削った分だけ歯の破壊は進みます。

健康な歯を作るのは自分自身

病気になったらお医者さんに行く、病気は医者に直してもらう、と私たちは勘違いしがちです。でもこれは大間違い。病気を治すのも、健康を作るのも私たち自身です。歯医者はそれを助けることができるに過ぎません。虫歯を見つけるのではなく、虫歯をなくすためにどうしたらいいかを考えることが必要です。

詳しくは予防の項目を読んでいただくとして、大切なのは、甘いものを控えたり、毎食後歯磨きをしたりすることはもちろんですが、皆様が自分自身のからだに関心を持って、自分のからだを自分で管理する事の大切さを理解することです。

歯が悪くなった原因を見つける

また、もし病気が見つかったとしても、すぐに処置を行うのではなく、その原因を見つけアプローチすることで新たな病気の発症を抑える治療、そして治療を行うにしても必要最小限で、二次的な病気の発生を防ぐことを考慮に入れて行う。皆様が病気になって「患者さん」と呼ばれる前の健康なお口の維持安定のお手伝いをすること、すなわち病気を未然に予防し、健康な状態を維持する事が真の歯科医療であり私たちの考える「予防健康創成型の歯科医療」です。

個人によって治療のアプローチは違う

もちろん、歯磨きや定期検診は大切ですが、お口の環境や歯の状態はそれぞれ異なりますし、生活習慣やもともとのお口の素質によっても病気のリスクは異なります。だからこそ個人個人に適した対応が必要なのです。たとえば虫歯や歯周病は、細菌による感染症ですからその発症自体をコントロールすることは可能と思っています。

初期のむし歯は発見が難しい

歯は一度病気になってしまうと、ごく初期の状態以外は元に戻すことができません。ところが、ごく初期の状態の虫歯はほとんど自覚症状がなく、発見が難しいものです。歯周病はまるっきり自覚症状がないまま進行してしまいます。

虫歯は症状が進んでしまうと、悪い所を削り、金属や樹脂を詰めるといった処置をするしかありません。しかもそうした処置を受けた歯は、健康な歯よりも虫歯になりやすくなります。一度病気になってしまうと完治が不可能な歯であるからこそ、病気の発症を未然に防いで、健康な状態を維持するための予防健康創成型の歯科医療が大切なのです。

虫歯については詳しくは「虫歯は削って詰めても治らない」をお読みください。

歯周病については詳しくは「歯周治療」をお読みください。

虫歯は削って詰めても治らない

毎日歯を磨く人は国民の96.2%

日本の虫歯予防は、これまで「砂糖ゼロ」、「食べたら歯磨き」、「早く見つけて早く治療」を三本柱にしてきました。ちなみに日本の砂糖消費量は世界143ヵ国の中で85位。欧米諸国に比べると極端に少ないのです。では歯を磨いていないのでしょうか?厚生省の調査では、毎日歯を磨く人は国民の96.2%。こんなにきれい好きの国民も珍しいのです。ではどこに問題があるのでしょうか?

悪くなったら治療する

スウェーデンでは、19歳のDMFS(一人平均の虫歯のある面数と詰めた歯面数、抜いた歯の合計)は3.6、虫歯ゼロの人は全体の22.3%。これに対して日本は悪い歯を歯面でなく本数で数えても9.2、虫歯ゼロはなんと4%です。日本に歯医者が少なくて治療が行き届かないわけではありません。現実は反対に悪くなったら治療することで歯が雪だるま式に悪くなってしまうのです。

厚生省の調査では30~34歳でDMFT(一人平均の虫歯、詰めた歯、抜けた歯の本数)が13.7、40~44歳で15.6、年を重ねるごとに歯を失い、50歳でまともな歯は、4割しかないというのが実情です。

初期のむし歯なら治ります

以前、虫歯は削らなければ治らないものと考えられていました。だから小さな虫歯を早く見つけて小さなうちに削って詰めてしまっていたのです。虫歯になりそうな部分まで余分に削って詰めてしまう治療も珍しくなく、それが正しい治療として認識されていました。虫歯も本当に初期であれば治ります。この場合削るのではなく、虫歯の原因除去療法が行われます。

虫歯を防ぐ唾液

歯は唾液の中で、ミネラルを吸ったり出したりしています。ここに強い酸を大量に作る細菌、そして細菌が酸を作るための栄養が加わると状況が変わります。細菌が歯の表面につくるプラークの中では酸が作られ、歯のミネラルが一方的に溶け出してしまうのです。これが歯の一部が白く濁った状態、深い溝が褐色になることもあります。虫歯を防ぐ一番大きな力を持っているのは唾液です。唾液の力が及ばないと甘いおやつを控えて、歯磨きをしていても虫歯になってしまうのです。唾液には食物を洗い流す働きのほか、細菌の増加を抑える力があり、虫歯の細菌が出す酸を中和してくれます。さらにたっぷりとミネラルを含んでいるので、歯が失ったミネラルを再び取り戻してくれます。

唾液の作用が及ばないところ

とはいっても、唾液の作用が及ばないところもあります。歯の耐酸性が特に低い場合、たとえば子供の乳歯や生えたばかりの永久歯、削って詰めた歯、被せた歯、歯肉が下がった歯はフッ素の助けが必要です。

この他、細菌を減らし酸を作らせないためには、食べ物や食べ方に気をつけること、歯を磨くことももちろん大切です。

このように虫歯は急いで詰めるよりも、可能な状況であれば歯を削るのでなく、虫歯のできやすい環境を改善することが効果的です。もし詰める処置が必要であっても、環境の改善があれば悪循環を防ぐことができます。

虫歯の原因菌

虫歯の原因菌は、砂糖を使ってネバネバしたノリのようなものと酸を作り、これらの働きで虫歯ができます。しかし逆に砂糖や炭水化物がなければ虫歯を起こす菌は酸を作れません。上手な甘いものの取り方を工夫しましょう。だらだら食べないこと、間食を減らすことも重要です。

酸を作らせない甘味料

キシリトールという言葉を聞いたこともある方も多いと思います。キシリトールは全く酸を作らせない甘味料です。しかも虫歯の原因菌に無駄働きをさせ数を減らしてしまう働きや、ネバネバを作らせない働きがありますので、上手に使うといいでしょう。 

 

予防処置(PMTC)

歯科衛生士

PMTCについて

厚生省の調査では、毎日歯を磨く人は国民の96.2%。こんなにきれい好きの国民も珍しいのです。ではどこに問題があるのでしょうか?

それは歯磨きでは、細かい所についた汚れを100%落とすことは不可能だからです。

たとえば、予防のプロである歯科衛生士でも、歯ブラシで20分以上時間をかけて丁寧に磨かなければ、細かいところの汚れまで落とすことはできません。ですから通常は、磨き残しが生じ、その結果虫歯や歯周病になってしまう人が多いのです。

PMTCとは

PMTCとは、P(プロフェッショナル)、M(メカニカル)、T(トゥース)、C(クリーニング)。すなわち「専門家が専門の機械を使って行う本格的な歯の清掃」です。歯のプロである歯科衛生士や歯科医師が、高度な技術で歯と歯の間、歯と歯肉の境目、歯の細かい溝についた汚れを完全に落としてキレイにします。そのため定期的にPMTCを受けると、虫歯や歯周病になりにくくなるという効果があります。

PMTCの発祥の地であるスウェーデンですが、昭和30年頃までは日本と同じくらい虫歯や歯周病が多い国でした。ところが現在では、虫歯は日本の半分以下。歯周病は1/4以下となっており、その背景にはPMTCの普及があると言われています。定期的にPMTCを受ける子供はほぼ100%、大人でも80%と言われています。このように国民の大半がPMTCを定期的に受けるようになったので虫歯や歯周病を減らすことができるようになったと言うわけです。

一方日本では、厚生労働省が国民の健康目標「健康日本21」が2000年に発表されそこには「定期的な歯石除去や歯の清掃を受けている者」の割合を2010年には30%にしようとの目標が掲げられています。発表当時の値は15.9%、2012年には43.2%まで上がってきています。目標は達成されていますが、ただそれでも半分までも届きません。

8020運動

8020運動と言う言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。日本では現在達成できている人は20%と言われており、平均生存歯数は9本(28本中)で先進国では最低です。

定期的にPMTCを受けることで生涯自分の歯で過ごすことが可能となります。また現在歯が無くなっている人もこれ以上歯が無くならないこと、歯や歯肉が丈夫になることでQOL(生活の質)が上がることと思います。

安心の歯科治療

グリーンデンタルクリニックの治療の流れ

初診でいらした時は以下のような流れで進みます。

1.問診票に記入いただく。

2.現在の状況、これまでの経過をお聞きします。

3.お口の中の状態を診査します。

4.必要があればレントゲンをお撮りします。

これらを総合し、現在の状況と必要な処置についての説明をさせていただきます。

説明なしに、いきなり治療に入ることはありません。十分納得していただいたうえで治療を行います。疑問があれば遠慮なく何でもお聞きください。また治療についてもご希望があれば何でもお話しください。

不安や疑問を解決しないまま治療を行うと症状が取れにくいことがあります。

疑問があれば遠慮なく何でもお聞きください

十分な説明と検査

きちんとした治療を行うには、十分な時間が必要です。

初診時には、痛みを取り、詰め物、被せ物が取れた部分を応急的に治し、後日、しっかりとした治療を行う場合もあります。一度治した所はもう悪くしない。そんな治療を常に心がけています。

そう考えてくると、悪くなった原因はなんでしょう?その部分だけに原因があったのでしょうか?

プラークコントロールがうまくいかず、お口の中の細菌が増えている。ブラッシングが強い、かみしめる癖があり歯や歯肉に過度の負担をかけている。

あるいは、最近仕事がいそがしく、ストレスが溜まっている、あまり眠れないなども歯、歯肉、顎の状態を悪くしている可能性があります。また糖尿病など全身疾患が絡んでいることもあります。

何が原因か?しっかりと診査を行い、お話をよく聞いた上で、説明させていただき、一緒に治療計画を立てて行きたいと思います。

しっかりとした診査には何が必要か?

1.歯肉の診査

歯周病の進行具合はどれくらいかを知るために、歯肉のポケットを測ります。
場合によっては、歯それぞれのレントゲンを撮り診査します。
お口の中の汚れ具合を診査します。
歯の動揺具合を診査します。
お口の中の写真を撮らせていただき、治療の参考とします。

2.歯の診査

むし歯の有無、歯の減り具合を診査します。
かみ合わせの状態を診査します。場合によっては模型を作るための型を取らせていただきます。
レントゲンで歯の中、根の状態を診査します。
歯の状態の写真を撮らせていただき治療の参考とします。

3.顎の診査

口の開き具合、筋肉の状態などを診査します。
その他、必要と思われることを細かくお聞きします。

以上は、保険の範囲内でできる診査です。これらをもとに現状の把握と治療について説明させていただきます。

お口の中の良い状態を長く保つのは、私たちが治療するだけでなく、患者さんがどのようにすればよいかを理解していただき、お互いに協力しあうことが大切と考えます。そのためには疑問に思うことは何でもお尋ねください。

無痛治療について

無痛治療を行うために、痛くない麻酔を心がけています。

痛くない麻酔をするためにはそれなりのやり方があります。

キシロカイン

麻酔針

無痛治療

表面麻酔剤を使う

なるべく細い注射の針(デントロニクス 33G)を使う

麻酔液を温める

ゆっくりと液を入れる(場合よっては電動注射器を使う)

など、少しでも痛みを感じないよう配慮しております。

PAGETOP
Copyright © グリーンデンタルクリニック All Rights Reserved.